セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

2020年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」開催

2020年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
オンラインシンポジウム

– 指針改正と多機関共同研究の一括審査にむけて –

◆概要
2018年より文科省・厚労省・経産省の合同委員会およびタスクフォースにおいて実施されてきた、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針(ゲノム指針)、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(医学系指針)の見直しと統合に向けた検討では、現在パブリックコメントが終了、告示間近となりました。考える会でも、一昨年度より、指針改正に向けたアンケート調査やワークショップを開催し、検討を行なってきました。そこで今回、指針改正と、新統合指針で検討されている多機関共同研究の一括審査等をテーマにヒトゲノム研究倫理を考える会を開催いたします。是非ご参加下さい。

◆日時:2020年10月17日(土)13:30-17:00

◆開催形式:オンラインシンポジウム
# 事前に参加登録を頂いた方に前日の10月16日(金)17:00までに参加用URLなどの当日参加情報をお知らせします。
# ブラウザから誰でも参加できるシステム(ユーザ登録不要)を使用します。
# パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

◆プログラム:
13:30-13:35 「開会の挨拶」
  加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)
13:35-14:05 「医学研究等に係る倫理指針の改正状況」
  平 将生(大阪大学医学部附属病院未来医療開発部)
14:05-14:35 「臨床研究における一括審査導入の光と影」
  吉田 雅幸(東京医科歯科大学)
14:35-15:05 「大阪大学における一括審査の実践とその課題」
  山本 洋一(大阪大学医学部附属病院未来医療開発部)
–休憩(15分)
15:20-15:50 「新型コロナ感染症のゲノム研究:世界と日本の状況」
  徳永 勝士(国立国際医療研究センター)
15:50-16:00 指定発言
  野崎 亜紀子 (京都薬科大学薬学部(法哲学))
16:00-17:00 質疑応答・総合討論
◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など
◆参加費:無料

◆参加登録:[事前参加登録:10月14日(水)17:00まで]
# 携帯アドレスなどの場合に、指定受信機能、ドメインによる受信拒否、迷惑メールフィルターの設定等により当日参加情報メールが届かない場合がございますのでご注意下さい。
# 可能な限りパソコンのメールアドレスのご登録をお勧めいたします。

# 環境により「送信」ボタンが表示されない場合があるようです。その際は別のブラウザ(Google Chrome等)・端末(スマホ等)からお試し頂くか、workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp宛に参加登録事項をメールでご連絡頂けますと幸いです。

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」ゲノム科学と社会ユニット(GSユニット)
◆後援:日本生命倫理学会

◆問合せ:workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp